キャッシュカード詐欺に要注意!

詐欺被害に特化した交渉力の強い法律事務所
詐欺被害に特化した交渉力の強い放置つ事務所
03-6276-2926
今すぐ無料相談

キャッシュカード詐欺とは。こんな封書が届いたらキャッシュカード詐欺を疑おう

世界で最も「預金が好き」と言われる日本人。
預金額は982兆円と言われており、実に日本のGDPの1.8倍の現金を預金として保有していることになります。
こんな国は日本くらいと言われています。
凄い規模です!ほとんどの日本人が、金融機関に何らかの口座を持って預金していますし、ほとんどのお金はいわゆる預けっぱなしの状態です。
ここに目を付けた詐欺が、キャッシュカード詐欺なのです。
キャッシュカード詐欺について解説します。

キャッシュカード詐欺とは。こんな封書が届いたらキャッシュカード詐欺を疑おう

ある日、キャッシュカードが送られてくる

キャッシュカード詐欺とは、精巧に作られた偽物のキャッシュカードを送りつけ、本物のキャッシュカードをパスワードと一緒に返送させて搾取する手口です。
ある日突然、レターパックなどで金融機関を名乗る封書が届きます。
中にはこんな案内状が入っています。

「IC対応の新型キャッシュカードをお送りします。
旧キャッシュカードは○○年○月○日を持ってご利用になれなくなります。
用紙に暗証番号を御記入の上、返送用封筒にて旧キャッシュカードをご返送下さい。」

封筒も案内状も、実際の銀行のもののようにできていて、怪しさなど微塵もありません。
たまたま、その銀行の口座を持っている人なら、まず疑わないでしょう。
暗証番号とキャッシュカードを送ってしまったらオシマイです。
翌日には全額預金を引き出されてしまうかもしれません。
手元に届いた「IC対応の新型キャッシュカード」は、見た目だけ精巧に作られた偽物です。
ATMにそのカードを入れてみて初めて偽造カードだと気づくので、騙されたことに気づくまでに時間がかかるケースが多く、その間に犯人は悠々と預金を引き出すことができるのです。

キャッシュカード詐欺にはバリエーションがある

暗証番号の聞き出し方法
暗証番号を聞き出そうとすること自体が、詐欺のサインです!
暗証番号を、窓口やATM以外で使うことはありません。
・警察を装った電話
・銀行員を装った電話
・郵送で案内状を送り、記入して返送させる
・郵送で案内状を送り、インターネットにアクセスさせて入力させる
また、キャッシュカードだけでなく、クレジットカードにも同様の手口の詐欺事件が起きています。

キャッシュカード詐欺に遭わないために

キャッシュカード詐欺、クレジットカード詐欺に遭わないために、ぜひ二つのことを覚えておきましょう!

1暗証番号を電話で聞くことはない
警察も、銀行も、クレジットカード会社も、電話口で暗証番号を聞くことは絶対にありません。
銀行なら、暗証番号はATMか窓口でしか使う機会はありません。
電話で暗証番号を尋ねられたら、その時点で詐欺確定です。

2キャッシュカードを預ける(送る)ことはない
手元のキャッシュカードが使えなくなる、口座を凍結するといった場合でも、キャッシュカードを個人で破棄することはあってもどこかへ送ることはありません。
銀行では、窓口以外でカードを預かることはありません。

詐欺被害に遭われる方のほとんどが高齢者です。
これは、高齢者の判断力が低いということではなく、身近に相談できる人がいないという背景が関係しています。
身内の高齢者の方と、普段から密なコミュニケーションをとり、困ったときはいつでも気軽に連絡してもらえるよう普段からの関係作りが重要です。

キャッシュカードに関する基本的な知識を身につけて!

キャッシュカード詐欺とは、キャッシュカードと暗証番号を、郵送、電話、ネットでの入力、自宅まで取りにくるといった様々な手口でだまし取る詐欺ですが、銀行やクレジットカードの暗証番号は、電話で聞かれることは絶対にありません。
また、カードは自分で破棄することはあってもどこかに送る、預けるといったこともありません。
どちらかを要求されたら、詐欺です!
特に高齢者が狙われるので、普段から親密で良好な関係を保って高齢者を守りましょう。

03-6276-2926
今すぐ無料相談
03-6276-2926
今すぐ無料相談

© 詐欺被害緊急ホットライン All Rights Reserved.