占いサイトの申し込み後にキャンセルは可能かどうか

詐欺被害に特化した交渉力の強い法律事務所
詐欺被害に特化した交渉力の強い放置つ事務所
03-6276-2926
今すぐ無料相談

占いサイト詐欺?ポイント申し込み後のキャンセルができない

占いサイト側は1回目の課金行為を重要視しているため、〇〇円分無料!などの内容で課金するために誘導します。
また「当選しました!」「今しかありません!」など様々な文章で煽る傾向にあるのも、この1回目の課金をさせるためです。
心が弱くなっている時、つい申し込みボタンをクリックしてしまっても、本来であればキャンセル可能です。
占いサイト内に特定商取引法がきちんと記載されているかチェックしましょう。

占い詐欺被害に関するよくある質問:申し込み後のキャンセルはできない?

質問:占いサイトでキャンセル依頼をお願いしたら、キャンセル不可と言われました。

北海道 札幌市 Mさん 女性

身内に不幸があったり、婚約破棄があったりと立て続けに悪い事が続き、誰でもいいからアドバイスが欲しいと思い、占いサイトを探していた時です。
「今なら1000円分無料」と歌っていたサイトがあったので、申し込みボタンを押してしまいました。
私からの質問に対して回答を受け取れるのが、支払い後とあったので、振込をしようと思ったのですが、やはり不審に思い、占いサイトにキャンセルのお願いをしたところ、

・申し込み後のキャンセルは不可能
・5日以内支払わなければ延滞金がかかる
・未払いが続く場合は請求書を送付する

などのメールが届きました。
実際申し込み時に携帯番号や住所を記入はしていませんが、なんだか脅されているみたいで不安です。
キャンセルの意図は伝えていますが、このまま放置していいのでしょうか?延滞の利息がかかるようであれば払ったほうがマシ・・・とも思うのですが、どうすればいいのか本当に悩んでいます。

特定商取引法(通信販売)をまずはチェックしましょう

返品に関する事項が申し込み前にわかるようになっているか

占いサイトとはいえ、事業者と個人での金銭のやりとりがある場合、必ず特定商法取引法の記載が必須事項となります。
万が一これらの記載がない場合、それなりの詐欺の集団と思って間違いありません。
記載がある場合は返品に関する内容が記述されているはずです。
本来であれば申し込み前に、返品(キャンセル)に関する事項が、申し込み前の画面で分かりやすく記されています。
見づらく分かり辛い文字サイズ、見えない色(見えにくい色)で表示されている場合は違反になりますので、これらのチェックは必ずしてください。

わかりやすい表示とは?文字のサイズにも決まりがあります

ここではまず、返品特約の表示が正しい方法で記載されているかが重要なポイントとなります。
「キャンセル不可」「利用前に限りキャンセル可」「キャンセル料はお客様負担」など明瞭な方法で、他の事項に隠れて分かり難い表示になっていないか、通常のパソコンで12ポイント以上の文字で表示がされているかを確認します。

インターネット取引をする業者にとって上記は必須事項となるため、取引前には必ずチェックしましょう。

インターネット取引でクーリングオフは使用できない

通信販売はクーリングオフの対象外

クーリングオフ制度を利用すれば、一定期間内であれば契約を解除することができますが、今回のこのケースの場合残念ながらクーリングオフ制度を利用することができません。
しかし前述で述べたように、販売業者(占いサイト側)は特定商取引法にいて返品特約を表示する義務があります。
返品特約の記載があるかぎり、占いサイト側が返品(キャンセル)できないといくら口頭やメールなどの文章で送られてきても、特定商取引法で記載がされていない場合、申し込みから8日を経過するまではキャンセルが可能です。

返品についての表示は義務です

つまり「返品(キャンセル)できない」と分かりやすく表示されていなければ、占いサイト側が「キャンセル不可能です」と通知しても契約の解除は可能ということになります。

このケースでは、返品特約が記載されていたかまで分からないため、判断が難しいですが、特定商取引法の記載がなければ間違いなくキャンセルができるので、怖がらずその占いサイトに訪問して記載があるかチェックしましょう。

キャンセル依頼を出したにもかかわらず、執拗な請求メールなどが届いた場合は、一人で悩まず消費者センターなどへ相談することをおすすめします。

申し込みボタンを押す前に必ずチェックしたいこと

占いサイトでは課金をさせるための数々の罠が仕掛けられています。
申し込みする場合は必ず申し込み前の注意事項などが記載されているはずなので、安易にボタンを押すのは注意しましょう。
以下の条件が記されていることを確認し、取引を行ってください。
1.特定商取引法にて返品特約の記載がされているか、それが分かりやすく記載されているか
2.申し込み前の最終確認ができる画面があるか
3.最終確認段階の画面で訂するための手段(変更ボタン)があるか

これらによく注意して、取引を行いましょう。

03-6276-2926
今すぐ無料相談
03-6276-2926
今すぐ無料相談

© 詐欺被害緊急ホットライン All Rights Reserved.