オンラインゲームのアカウント購入で詐欺に遭った場合、購入金額は取り戻せるのか?

詐欺被害に特化した交渉力の強い法律事務所
詐欺被害に特化した交渉力の強い放置つ事務所
03-6276-2926
今すぐ無料相談

オンラインゲームのアカウント詐欺は訴えることができるか

オンラインゲームは、プレイヤーの射幸心を煽るような仕組みが数多く存在しています。
そのため、続けているうちに、他のプレイヤーより優位に立ちたい。という気持ちが強くなることも少なくありません。
そういった人をターゲットにしているのが、ゲーム内のアイテムやアカウントを売買する、通称「リアルマネートレード」という取引を利用した詐欺です。
被害に遭ってしまった場合、そのお金を取り戻すことはできるのでしょうか?

オンラインゲームの詐欺被害に関するよくある質問:内容に違いがあったら返金してもらえますか?

質問:オンラインゲームのアカウントを購入したら初期アカウントでした返金可能でしょうか?

東京都 文京区在住 Mさん
私は、数ヶ月から数人の友人と一緒にとあるオンラインゲームを始めました。
しかし、私は比較的残業が多く、ゲームに費やせる時間は限られていて、知人との差は開く一方でした。
どうにか友人を追い抜きたいという気持ちで攻略掲示板を見ていたところ、ゲームのアカウント等を売買しているサイトがあるということを知りました。
とは言え、現金でのゲームアカウントやアイテムの取引は規約で禁止されている行為だということも知っていました。
初めはそういった怖さや不安もあり、少額で手に入るものから購入しました。
そんな不安も嘘のように、購入後ものの10分でアイテムが手に入り、そこからリアルマネートレードを頻繁に利用するようになりました。
一度購入すると多少の優越感では満足できなくなり、5万円のゲームアカウントを購入するに至りました。
しかし購入してみると、そのアカウントは実際には全く無価値の初期アカウントだったのです。
警察に相談したところ、正しいものかは分からないが、相手が取引に使用した住所や氏名が分かるのであれば内容証明を送付してはどうか?
と言われました。
私が取引を行った相手から購入金額を取り戻すことはできるのでしょうか?

ゲームアカウント詐欺について

そもそもアカウントの売買を禁止している運営会社がほとんど

近年、様々なオンラインゲーム・スマホゲーム等が流行る中、ゲームアカウントを個人間で売買するRMT詐欺が問題視されています。
ゲームのアカウントを売買することは、ほとんどのゲーム運営会社は規約で禁じているはずですが、法律上は取り締まりはなく頻繁に売買が行われているのが現状です。
そして、規約で禁止されている行為を行っているという後ろめたさから、詐欺にあっても被害者が泣き寝入りをする場合が多いことを逆手にとり、詐欺が行われやすいという事実もあります。

返金請求はできますが、相手が応じるかはわかりません

今回のMさんの場合、実際にそのアカウントを手に入れるため金銭を支払い、何の価値もない商品が届いたのであれば、詐欺被被害にあったのは明らかですから、支払った金額を返金するよう訴えを起こすことができます。 
ただし、相手側も悪意を持ってMさんを騙している以上、すんなり返金には応じないでしょう。
法的手段を用いて相手側に債務不履行を訴え返金させる必要があります。
現在相手方の住所名前等が分かるということであれば、ますは内容証明郵便で返金請求の書面を送り、相手方の住所名前が本物であるか、そして自分が法的措置を持って返金請求をすると言う強い意志を相手方に明示する必要がありそうです。

実際に購入した金額を取り戻すことはできるのでしょうか?

詐欺被害の被害回収は困難です

今回のようなケースですと、詐欺を行った相手は、最初から計画的に詐欺を行っている可能性が高く銀行口座やその名義なども、自分自身のものでない場合が多いでしょう。
その場合、口座の名義人に対しての責任追及を行うことはできても、実際に詐欺を行った本人から回収できる可能性は低いでしょう。

取引の存在そのものを証明できない可能性も

また、オンラインゲームのアカウント売買などは、オンラインのインスタントメッセンジャーアプリケーションやゲーム内でのチャット機能を使用して取引を行う事が多く相手が書き込みなどを削除できる場合があるため、取引を証明するためにはアプリケーションやゲームの運営会社にログを開示してもらう必要がでてくることもあり、簡単には証明できない場合があります。
そのため、実際に購入した金額を取り戻すための手続きそのものも個人では中々難しくなってしまうのが現実です。
どうしても法的に責任を追及したい、といった場合は弁護士に相談することもできますが、こういった被害に遭わないためにも、こういった取引はしないことが賢明です。
ゲーム内のアイテムなどが苦労せず手に入るというのは魅力的に見えるかもしれませんが、こうしたリスクが身近にあるということを忘れてはいけません。

ゲーム内データの売買はやめましょう

オンラインゲームが広く普及してから、こういった被害は後を絶ちません。
自分自身で手に入れるのが難しいことが分かるほど、こういったRMT商品の取引が魅力的に感じてしまうのかもしれません。
しかし、詐欺の温床になっていることや、高い金額で購入したアカウントなどが規約違反でアカウント削除処分されたりなど副次的な代償は計り知れません。
ゲームの規約には法的な効力はありませんが、こういった被害に遭わないよう、ルールを守って遊ぶのが一番と言えそうです。

03-6276-2926
今すぐ無料相談
03-6276-2926
今すぐ無料相談

© 詐欺被害緊急ホットライン All Rights Reserved.