返金が難しいケースはどのような内容か、またどうすれば返金が可能になるかをご紹介いたします

詐欺被害に特化した交渉力の強い法律事務所
詐欺被害に特化した交渉力の強い放置つ事務所
03-6276-2926
今すぐ無料相談

詐欺被害の返金が難しいケースをご紹介

詐欺被害緊急110番では、日々「詐欺にあってお金を取られてしまった」「ショックで立ち直れない」と言った方々からの問合せを受け付けています。過去、3万7千件以上の詐欺被害に関する相談を受け、様々な依頼を解決してきましたが、なかには返金が難しいケースもあります。同じ詐欺被害といえども、内容によって返金できる可能性は異なります。ここでは、特に返金が難しいケースをご紹介。ぜひご一読いただき、返金が難しくなる前にご相談ください。

このような詐欺被害の場合は返金が難しいケースです

会社がすでに倒産してしまっている

会社が倒産してしまい、業者の姿はもうない。ホームページも閉鎖され、電話もつながらない……。このような状況での、返金は難しいです。返還請求のためには、会社の情報やお金を振り込んだことが分かる証明書(クレジットカードや銀行振り込みの利用明細など)が必要になります。情報収集のためにも、返金が完了するまで退会手続きや報復などはしないようにしましょう。

銀行振り込みで支払ってしまった

クレジットカード、プリペイドカード、電子マネーなど様々な支払い方法がありますが、最も返金が困難なのが、銀行振り込みです。クレジットカード支払いの場合、クレジット決済会社が代行しているため、仲介会社に申し立てをすれば、お金が返ってくる可能性があります。プリペイドカードや電子マネーなども同様です。しかし、業者の口座に直接振り込んでしまったら、返金には、直接業者が対応しなくてはなりません。ただし、銀行振り込みでも、決済代行会社への振り込みでしたら、返金交渉は可能となります。

アフィリエイト詐欺など、実証が困難な詐欺に引っかかってしまった

成果報酬型の広告「アフィリエイト」を利用したアフィリエイト詐欺など、詐欺被害にあったことを実証するのが困難なケースも返金が難しいです。アフィリエイト詐欺の場合、成果が出なくても、「現在は指導の途中」「指導通りに対応しなかった」などと言われてしまえば、詐欺だと証明できません。返還請求には「詐欺の被害にあいました」という証拠が必要になります。そのため、詐欺被害の証拠になりそうなものは、捨てずに残しておきましょう。

返金が難しくなる前に対策を

上記の通り、詐欺被害の返金請求は、場合によって非常に困難になります。そのため、返金が難しくなる前に、専門家にご相談ください。詐欺業者は、返還請求を恐れて、事前に対策を仕掛けていることがほとんどです。個人では、到底、太刀打ちできません。詐欺被害の一番の対策は、詐欺にあわないよう日頃から警戒心を抱くことです。「確実に儲かる」「簡単に楽できる」などの甘言には騙されないように気をつけてください。少しでも「おかしい」「変だな」と思ったら、勇気を出して、周囲に相談することをおすすめします。

03-6276-2926
今すぐ無料相談
03-6276-2926
今すぐ無料相談

© 詐欺被害緊急ホットライン All Rights Reserved.