詐欺と思われるサイトを使ってしまった際の対処法を教えます!

03-6276-2926
今すぐ無料相談

詐欺と思われるサイトを使ってしまった際の対処法を教えます!

ネット通販では当たり前のように個人情報やクレジットカード情報を入力しますが、これが詐欺に使われていたらどうしますか?
泣き寝入りするにはあまりにも失ったものが大きすぎるでしょう。
そこで、詐欺サイトで被害に遭ってしまった場合に行うべき対処法をまとめました。
もちろんそのようなケースに遭遇しないのが一番ですが、万が一のために知識を持っておくことは重要です。

詐欺サイトを利用してしまったら!対処法はこちら

クレジットカード会社、銀行に連絡し利用停止にしてもらう

架空請求業者やフィッシングサイト、詐欺サイトにクレジットカードの番号やパスワードなどを登録してしまった場合、被害を最小限におさえるためにすべきことは何になるでしょうか。事前にチェックして被害にあわないようにしましょう。

架空請求業者や詐欺サイトに誤って自分のクレジットカードの番号、パスワードなどを登録してしまった場合、不正に利用されてしまうことがあります。
その被害を防ぐためにはすぐにクレジット会社に連絡をして、カードを利用停止にする手続きが重要です。
クレジット会社の電話番号はカードの裏に記載されているか、WEBに専用の番号が記載されています。
その後の対応についてはカード会社の指示に従ってください。

※インターネット上での不正利用の補償はカードによってカード会社の対応が異なりますので、不正利用でも補償がついているカードを選択しておくと安心です。

架空のWEBサイトにパスワードを入れてしまった場合は、本物のサイトでパスワード変更をすぐに実施してください。
同じパスワードを使っている他のサイトがあれば、同じように変更しておくことが被害を最小限に抑えることに繋がります。
面倒なことですが、こうすることによって、詐欺被害を最小限に抑えることができます。

フィッシングサイト(いわゆる詐欺サイト)に自分の銀行の口座情報や暗証番号を誤って入力してしまった場合、速やかに自分が口座を開設している銀行に連絡して対処してもらいましょう。
連絡が早ければ、被害を未然に防ぐことができます。
振込などの場合は銀行側が組み戻しといって、振込が完了していない場合にその振込を中止することができる場合があります。また、きちんとした証拠があれば相手口座を凍結することも可能です。

身に覚えのない請求や通知は無視し、連絡もとらない

架空請求は誰もが心当たりがありそうな内容の請求になっています。
例えば、たいていの人はPCやスマホで動画を見たことがあるでしょうが、請求がそれと結びつくような内容になっているのです。

では、このような内容のハガキが送られてきた時はどうすればいいのでしょうか。
答えは簡単。

完全無視!これにつきます。

架空請求のハガキや封書を受け取ったことがある方は少なからずいるでしょう。
スマホでの有料動画の視聴料金の請求、通販業者からの未払い請求、行政機関からの債権請求など、請求名目はさまざまです。
ハガキの裏を見ると「すぐに電話をして下さい」と書かれており、電話をしなければ、

  • 法的措置をとる
  • 不動産の差し押さえに移る
  • 係の者が自宅まで出向く

などドキッとするようなことが書かれています。
特殊詐欺の注意喚起の放送などを思い出すと、「あー例のヤツ」と納得しますが、「何のことだろう」などと心配になってきた方は指定された番号に電話をしてしまうこともあるでしょう。しかし、電話をした段階で詐欺の手口にハマってしまっていることになるのです。

このように身に覚えのない請求は無視をし、間違っても電話をしたりしないことが重要です。
相手もプロの為、直接話してしまうとやり込められる危険性があります。絶対に連絡しないように。

念のため、送られてきたハガキなどはその後に進展があった時のために保管しておきましょう。そして、しつこく送られてくるようなら警察へ持って行き届け出してください。
インターネットで覚えのないオプション契約は全額返金できるのかについての事例はこちらの記事でも紹介しています。是非ご覧ください。

遠慮なく、専門機関に相談する

警察に被害届を出すことも大切です。
金銭確保のために自分でできることは自分で行いましょう。
また、金銭被害があった場合、お住まいの地区にある都道府県警察サイバー犯罪相談窓口に連絡してください。
その後に、国民生活センターにも連絡という流れです。
騙された自分を恥じて、遠慮してはいけません!

どう行動すればよいのかを把握しておくことが大切

まず重要なのは、払わない、連絡をとらないこと!
自分の口座情報や暗証番号をフィッシングサイトに入力してしまった場合は、速やかに自分が口座を開設している銀行に連絡しましょう。また、IDやパスワードを誤って入力してしまった場合は、早めにID、パスワードの変更を行い、被害を最小限に抑える努力をしてください。
対処を知り、詐欺被害にあわないようにしましょう!

「詐欺かな?」と思ったらチェックして下さい!

LINEで相談!

関連記事

ブログカテゴリ一覧

ブログカテゴリ一覧

みなさまに選ばれる5つの理由
まずはひとりで抱え込まず、無料相談をご利用ください。
まずはひとりで抱え込まず、無料相談をご利用ください。
よくある質問
今すぐ無料相談
03-6276-2926
今すぐ無料相談
03-6276-2926
今すぐ無料相談

© 詐欺被害緊急ホットライン All Rights Reserved.