口座搾取とは、口座売買に次ぐ新しい手口です

詐欺被害に特化した交渉力の強い法律事務所
詐欺被害に特化した交渉力の強い放置つ事務所
03-6276-2926
今すぐ無料相談

出会い系でサクラが疑われる場合返金してもらえるの?

振込詐欺が社会問題となって同時に注目されたのが、架空口座問題。
他人が作った口座を数千円で買い取ったり、まったく架空の人物を仕立てて口座を開設したりして、詐欺グループはその口座を集金用口座として利用していました。
しかし、現在はさらに複雑になっており、口座搾取という方法が取られています。
口座を搾取されると、ご自身が詐欺の片棒を担がされるということ以上に、大きなリスクを負うことになります。
口座搾取について解説します。

口座の詐取とは?詐欺行為の温床となる口座の乗っ取りに注意

貸したつもりがなくても貸してしまう、口座搾取の手口

口座売買が行われていた時には、怪しげな知人から「口座を作って1万円で売って欲しいっていう知り合いがいるんだけど…」というように話が回ってくるものでした。
怪しげな知人の知人は口座ブローカーです。
現在、このようなことをやればすぐに警察に連絡されてしまいます。
そこで詐欺グループは、口座の名義人に気づかせないように口座をだまし取ることをしています。

融資を語って近づいてくる
詐欺グループは金融会社を語って多額の融資が簡単に受けられるというような広告やダイレクトメールを出します。
そこに連絡をすると、信用調査と称してキャッシュカードを送るように言ってきます。
調査に数日を要するなどと言われるので、そのまま待っていると、その数日の間に口座が詐欺の集金口座として使われることになります。

口座の残高が盗まれるわけではないが…
詐欺グループは、「口座にはお金を入れておかなくてもよい」あるいは「空にしておいてくれ」などと言うケースもあります。
口座搾取される人は、闇金からお金を借りようとしている人なわけですから、預金は僅かなものでしょう。
最初から狙いは口座だけなのです。
それなら安心だ、口座を使われるのは気分が悪いけれど…とほっとするのは間違いです。
口座搾取されると、思わぬリスクがいくつもあります。

口座搾取されると、貸した側も処罰されます

口座を貸す行為は犯罪です
預金口座を第三者に、一時的にでも譲渡する行為自体が犯罪ですので、口座搾取された被害者も罰せられることになってしまいます。
これは、「犯罪による収益の移転防止に関する法律」に定められています。
この法律ができたのは、振り込み詐欺が大きな問題となった平成20年ですが、それ以前に、銀行が出している規約には第三者に口座を渡してはならないことが明記されています。
騙されたのだとしても、口座を貸し出したことに変わりはありません。
騙された方も悪いということになります。
第三者に利用させる目的で口座を貸し出すと、一年以下の懲役、100万円以下の罰金です。
罰則も非常に厳しいものです。

詐欺罪で逮捕される可能性もある
騙されて搾取された口座が犯罪の集金口座に使われた場合、口座の名義人も被害者ですし、悪意はなかったと言えるでしょう。
しかし、逮捕拘留されるというケースがあります。
悪意がなかったことや、犯罪グループと接点がないことがわかれば釈放されますが、数日間勾留されるダメージは、精神的にも大きなものです。
働いていらっしゃる方ですと、社会的信用にも傷が付いてしまいます。
「なぜあいつは出社してないんだ?」「逮捕されて拘留中らしい、詳しいことは知らないけれど…」そんな話が出回ることを想像してみて下さい。
実際、仕事に穴を開けて周囲に迷惑をかけているのですし、事実をわかってもらっても相当なイメージダウンでしょう。

さらに大きなリスクを負うことになる

口座が凍結され、新規口座も作れない
犯罪の集金口座に使われたことがわかった口座は、警察や銀行の判断で即座に凍結されます。
しかし、名義人が犯罪グループと接点があるという誤解が溶けた後でも、口座の凍結が解除されない、新規口座を作ることもできないというケースがあるのです。
そうなると、この先銀行口座のない生活を送ることになります。
給料の振込が受けられない旨を会社に何と説明すれば良いでしょう?公共料金の引き落としも、旅先でお金をおろすことも、もうできません。

詐欺被害者から損害賠償請求される!?
自分の口座を第三者に利用させる目的で貸出した場合、詐欺被害者から損害賠償請求される可能性もあります。
銀行は、あなたが口座を開設したという証拠を持っていますし、あなたが口座を貸し出したこともまた事実です。
となると、詐欺グループと共同で違法行為を働いたことになってしまいます。
「弁護士ドットコム」を見ると、「詐欺被害にあった。口座名義人に損害賠償請求できるか」という質問があがっています。
とにかく誰でもいいからお金を返して欲しい!
と考えるのも、また人間でしょう。
弁護士の回答には、理論的にはできるというもの、相手に支払い能力がない場合が多いので無理というもの、ばらつきがあります。

口座はどんな理由があっても他人に渡さない!

口座搾取は、詐欺の集金口座に使うために口座をだまし取る行為。
口座搾取された側も被害者のはずですが、そもそも口座を第三者に譲渡する行為自体が違法なので、口座を渡した側も罰せられる可能性があります。
第三者に利用されると知らなかったことが認められ、罰金や懲役を受けずに済んでも、口座の凍結、損害賠償請求を起こされる可能性があり、リスクは非常に大きいです。
口座は絶対に第三者に渡してはいけません。

03-6276-2926
今すぐ無料相談
03-6276-2926
今すぐ無料相談

© 詐欺被害緊急ホットライン All Rights Reserved.