ヘッドハンティングが来たら注意!ヘッドハンティング詐欺の手口を教えます

03-6276-2926
今すぐ無料相談

ヘッドハンティングが来たら注意!ヘッドハンティング詐欺の手口を教えます

サラリーマンの方は、「ヘッドハンティング」されることに憧れを抱いているかもしれませんが、最近ではヘッドハンティング詐欺なるものが存在しています。
よりよい条件を提示されたら気持ちが傾いてしまうのも無理はありませんが、本当に信頼してよいスカウトマンなのか、正しい知識で見極めましょう。

ヘッドハンティング詐欺とは

みなさん、「ヘッドハンティング」はご存知ですか。
「優秀な人材が、より良い条件でスカウトされる」そんなイメージではないでしょうか。
昨今、慢性的な人手不足のため、ヘッドハンティングが身近なものとなりつつあります。

ヘッドハンティングの電話が突然あり、そしてその条件が何とも魅力的なものであると、誰しも舞い上がってしまいそうになります。しかし、その中には悪質な偽ヘッドハンティング詐欺業者が紛れ込んでいる可能性があります。
そのひとつが、高収入の案件をちらつかせ、仲介手数料や高額な保証金、セミナー参加費などをだましとる手口のことです。

実際に所属している人の名前を騙って詐欺行為を行う手口もある

ヘッドハンティング詐欺の場合、話だけ聞くととてもよい話に聞こえるのですが、実際には引き抜きの話は全くなく、退職して引き抜かれた会社に行って初めて詐欺だとわかるものがほとんどです。
こうなると失業は免れず、時には事前契約の際に保証金として金銭を要求されて失業したうえにお金まで失ってしまうケースもあります。

この詐欺の場合、極秘の求人のため絶対に直接会社に連絡をしないでほしいと言われて、本人が引き抜きをしようとしている会社に個人的に接触することを避けようとさせるのがセオリーです。
中には用心してヘッドハンティングが本当かを確かめるためにヘッドハンティングの際に受け取った名刺をその会社が公開している役員名簿と照らし合わせる方もいるでしょう。
ところが、この詐欺は実に巧妙で、実在する社員の名前を騙って詐欺を行うことも十分にあり得るのです。

ヘッドハンティングの連絡が来た際には、ネットで真偽を調べることがとても重要ですが、さらに、極秘の求人であれば来客扱いでもよいので実際に会社見学をしたいと言って必ず一度会社を訪問し、会社と接触する機会を作ることをおすすめします。

ヘッドハンティングが極秘裏に行われている事をアピールしてくるので注意

ヘッドハンティングとはある会社が別の会社で働く優秀な方を、今より好条件で引き抜くという手法で、これ自体に違法性はありません。
ヘッドハンティング詐欺では、ある男性がAという会社で働くBさんに近づきます。
そして「あなたをヘッドハンティングしたいという会社があります」と話しを持ちかけるのです。

好条件を提示した後、返事をもらうまでは「極秘裏に行いたいので他言はしないように」と念を押します。
信じ込んだBさんは後日契約書にサインをし、多額の保証金を支払うことで詐欺は成立です。

そして、その後相手との連絡もできないということになる流れです。
当然Bさんはもともと働いていた会社Aに退職届を出しているので、二重三重の苦しみが待っているという結果となります。
自分の一生を棒に振ったものと同然で、決して笑い話や冗談で済まされる事例ではありません。

リストラをしたい会社側が自主退職に追い込むためにヘッドハンティングもある

最近では、リストラをしないという企業もたくさんある中で、契約上リストラはしないと約束している企業もあります。
そのため、会社事情でリストラをしたくない会社が他会社からの引き抜きのように見せかけ、社員を自主退職に追い込むヘッドハンティングも存在すると報告を受けています。

ある社員に会社を辞めて欲しい場合、会社の事情で辞めさせると悪い噂が立つことはもちろん、退職金をたくさん払わなくてはいけないということになります。
そこで架空の他会社の上層部や、ヘッドハンティング専門会社を装った方が引き抜きというかたちで、今より条件の良い給料や働き方を提示します。
その社員をあたかも引き抜きであるかのように騙し、自主退職させ、退職したところで音信不通になるという手法なので本当に気を付けなければなりません。

ヘッドハンティング詐欺の手口は2種類ある

詐欺を働こうとしている人間がヘッドハンティングを行う場合、もともと働いている企業がリストラさせたいために嘘のヘッドハンティングを行う場合の2種類が、ヘッドハンティング詐欺の手口です。
会社を辞めなければならないのは間違いないので、その決断が正しいのかしっかりと考える必要があります。もしあなたが不安となる材料があるようでしたら、一度当社にお問い合わせください。

「詐欺かな?」と思ったらチェックして下さい!

LINEで相談!

関連記事

ブログカテゴリ一覧

ブログカテゴリ一覧

みなさまに選ばれる5つの理由
まずはひとりで抱え込まず、無料相談をご利用ください。
まずはひとりで抱え込まず、無料相談をご利用ください。
よくある質問
今すぐ無料相談
03-6276-2926
今すぐ無料相談
03-6276-2926
今すぐ無料相談

© 詐欺被害緊急ホットライン All Rights Reserved.