ネット通販詐欺で泣き寝入りしないために知っておきたい対処法

03-6276-2926
今すぐ無料相談

ネット通販詐欺で泣き寝入りしないために知っておきたい対処法

多くの方が利用しているネット通販でも、詐欺被害が多数報告されています。
特に実際のお店を構えているわけではないため、詐欺が発生しても泣き寝入りする方が多いのです。詐欺に合わないために、合ってしまっても最小限の被害で済むように、知っておきたいことをまとめました。

ネット通販詐欺で泣き寝入りしないために知っておきたい対処法

【支払う前なら】絶対にお金を振り込まないで無視する

大手通販サイトに似せて作られているなど、一見すると詐欺サイトと分からない悪質なサイトが増えています。注文したものの、

  • 注文完了メールの日本語がおかしい
  • 振込先が個人名である
  • そもそもメールが送られてこない
  • 購入履歴が消えている

といった理由で詐欺サイトだと気づくことがあるでしょう。

では、通販サイトを利用して、注文後に詐欺サイトだと気づいたらどうしたらいいでしょうか。
相手は身元を偽ったまま裁判を起こすこともできませんし、家まで押しかけてくることもありません。
そのため、「無視」で決め込むのが鉄則です。
振込先情報があっても絶対にお金を振り込んではいけません。

【支払った後なら】すぐに警察に被害届を提出し、振込先銀行への振り込みを中止してもらう

銀行振込で代金を前払いしてしばらく経つが全く商品が届かないという場合には、ネット通販詐欺の可能性が非常に高いでしょう。

ネット通販詐欺に遭ったと時は、まず警察に被害届を出すことが重要です。
被害届を提出することで、振り込め詐欺救済法という救済措置の対象となり、詐欺被害に遭ったお金が返ってくる可能性があります。

次に、銀行に連絡して組み戻しなどの振込み中止措置や、振り込め詐欺救済措置法を利用して犯人の口座を凍結する等してお金を取り戻すことができないかを相談をしてください。
この時、口座凍結の申請を行う場合には必ず警察に被害届が提出されている必要があります。
ネット通販詐欺の被害に遭った場合には銀行に連絡する前に警察に連絡することが重要です
ネット通販詐欺の被害に遭った場合、被害に遭った額が少額だからと何も措置を取らずにいると、ネット通販で利用された個人情報が流用されて更に大きな被害に繋がる可能性もあります。ネット通販詐欺の被害に遭ったと思ったら決して泣き寝入りせず、すぐに警察と銀行に相談しましょう。

JADMA通販110番、国民生活センター等に相談する

もしインターネットトラブルが起きたときは早めに相談することが大切です。
急なトラブルにあった時に慌てることがないように相談する場所をしっかり把握しておきましょう。
もしネット通販で詐欺に合うなどのトラブルが発生して困った時は、JADMA通販110番・国民生活センター等に相談するとよいでしょう。

ネット通販詐欺は商品が届かないだけではなく、その時に入力した個人情報が悪用され、他の詐欺やその他トラブルに巻き込まれる可能性もあり大変危険です。
買い物する前から取引相手が信用できるかしっかり考え、もしトラブルが起きた時は早めに相談するよう心がけましょう。

詐欺にあった時の対処法を知っておくことが重要

「注文後のキャンセルはできない」「キャンセルすると手数料がかかる」などと記載されているサイトもあり、無視すると余計に面倒なことになるのではないかと心配になるかもしれません。
しかし、詐欺業者は身元を明かしてまで法的手段に出てくることはないのでまずもって大丈夫です。

また、詐欺サイトだと気づいたら、支払先の銀行情報が記載されていても絶対にお金を振り込まないようにしてください。
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
これが一番大事です!!

さらに、ネット通販詐欺に遭ってしまった場合には、被害額が少額だからと泣き寝入りしてはいけません。すぐに警察へ、その次に銀行へ相談しましょう。不安な方は、一度当社にもご相談ください。力になります。

「詐欺かな?」と思ったらチェックして下さい!

LINEで相談!

関連記事

ブログカテゴリ一覧

ブログカテゴリ一覧

みなさまに選ばれる5つの理由
まずはひとりで抱え込まず、無料相談をご利用ください。
まずはひとりで抱え込まず、無料相談をご利用ください。
よくある質問
今すぐ無料相談
03-6276-2926
今すぐ無料相談
03-6276-2926
今すぐ無料相談

© 詐欺被害緊急ホットライン All Rights Reserved.