特殊詐欺と詐欺は違うの?特殊詐欺について詳しく解説します

03-6276-2926
今すぐ無料相談

特殊詐欺と詐欺は違うの?特殊詐欺について詳しく解説します

最近ニュースで耳にすることが多い「特殊詐欺」について、詳しく知っていますか。特殊だから自分には関係がないと思っている方もいるのではないのでしょうか。あなたの身の回りでも起こっているかもしれない、そしてあなたが巻き込まれるかもしれない特殊詐欺について、しっかりと知識を身につけましょう。

特殊詐欺とは

特殊詐欺とは電話やFAX・メールを使って対面せずに、現金を奪い取る詐欺のことです。奪い取る手段にも複数あり、金を騙し取る方法としては下記があげられます。

  • 指定する銀行口座に現金を振り込ませる
  • 訪問や待ち合わせで現金を直接受け渡す
  • レターパックなどで現金を送らせる

不特定多数の面識がない方を狙った詐欺であり、年々複雑化しているので誰にでも起きる可能性があり注意が必要です。

特殊詐欺は振り込め詐欺と振り込め類似詐欺に分けられます。

振り込め詐欺

オレオレ詐欺や架空請求詐欺、融資保証金詐欺・還付金等詐欺など

振り込め類似詐欺

金融商品等取引名目の詐欺やギャンブル必勝法情報提供名目の詐欺、異性との交際あっせん名目の詐欺

以下の各項で詳しく説明していきましょう。

「オレオレ詐欺」とは

「オレオレ詐欺」はいったいどのようなだまし方をする詐欺なのでしょうか。古くからあるオレオレ詐欺と劇場型の詐欺について詳しく見てみることにしましょう。

オレオレ詐欺は昔からある特殊詐欺のひとつです。

被害者の家族に成りすまし、何らかの理由で「急にお金が要る」と伝え、現金を銀行から振り込ませるか、受け子と言われる人間が、被害者家族の知人を装い現金やキャッシュカードなどを取りにいくという手口です。

当初は息子に成りすました犯人が、親に電話をして名前を名乗らずに「あーオレオレ」と言って相手が息子と勘違いしたところで用件を伝えるという手口であったため「オレオレ詐欺」と呼ばれるようになりました。
進化したオレオレ詐欺では、息子をはじめ警官、弁護士、職場の上司などの複数の人間が上手な間合いで電話をし、さらに巧妙に被害者をだます劇場型の詐欺となっています。

「還付金詐欺」とは

還付金詐欺は、詐欺師(グループ)が市役所・税務署・年金事務所の職員を名乗ります。
そして、「医療費の還付金がある」「税の還付金がある」「年金の未払いがある」などと言って、還付金を振り込むという名目で銀行やコンビエンスストアなどのATMへ誘導するのです。
被害者は公的機関の職員の指示に従い、還付金の手続きをしているつもりでも詐欺師へお金を振り込んでしまうことになります。

還付金はATMを通じて送金することはありません。
そして、このような電話がかかってきたら、必ず警察や家族に相談しましょう。

詐欺師は焦らすことで判断力を奪い、周りに相談させる時間を作らせまいとします。
不安や焦りが大きい程、まずは身近な人に伝えてください。
還付金詐欺については、こちらの記事でもより詳しく説明しています。ぜひご覧ください。

「架空請求詐欺」とは

架空請求詐欺は、郵便やインターネット・FAXなどで、不特定多数の人に事実ではない架空の請求を送りつけ、犯人の口座にお金を振り込ませます。
犯行グループから請求書を受け取ると、心当たりがないにも関わらず、「支払われない場合は訴えます」などの文言に不安を覚え、面倒を嫌う心理からついお金を振り込んでしまうのです。

架空請求詐欺に遭わないためには、次のようなことに気を付けて下さい。

  • 架空請求詐欺・還付金詐欺・オレオレ詐欺などの特殊詐欺の手口を予め知識として知っておく
  • 支払いを請求されても心当たりがなければ絶対に支払わない
    そして、
  • まず家族や警察に相談すること

これが最も大切です。

「融資保証金詐欺」とは

振り込め詐欺の手口の一つに「融資保証金詐欺」というのがあります。
「低金利」「簡単審査」「担保不要」などをうたい文句として不特定多数にハガキやDMを送り、「融資してもらえるかも」と思い込ませます。
そして申込みをすると「融資金の○○%の保証金が必要となるので振り込んでください」と言って客をだまし、実際に融資などしないのに前段階でお金を騙し取ってしまうという詐欺です。
地震や風水害などの災害時には、「中小企業向けに融資」とか「復興支援の低金利特別融資」と言って困っている中小企業に融資を持ちかけるという手口もあります。

また、実在する金融機関や知名度の高い会社を名乗ることもあれば、ハガキなどに他社の商標などまるまるコピーしたものを使うケースもあります。
「○×駅前にある無人契約機でカードを作って、それ確認させて貰いたいので送って下さい」というような手の込んだ詐欺も広がっているので注意が必要です。

「これは詐欺なのではないか」と疑う気持ちを持つことが大切

特殊詐欺は誰が被害者になってもおかしくはありません。
被害に遭わないようにするためには、詐欺の手口を知っておくことです。そして、詐欺かもしれないと常に疑いの意識を持ち、身に覚えのないお金の要求があった場合は、まずは身近な人に相談しましょう。

「詐欺かな?」と思ったらチェックして下さい!

LINEで相談!

関連記事

ブログカテゴリ一覧

ブログカテゴリ一覧

みなさまに選ばれる5つの理由
まずはひとりで抱え込まず、無料相談をご利用ください。
まずはひとりで抱え込まず、無料相談をご利用ください。
よくある質問
今すぐ無料相談
03-6276-2926
今すぐ無料相談
03-6276-2926
今すぐ無料相談

© 詐欺被害緊急ホットライン All Rights Reserved.