未公開株詐欺の被害にあわないためには? 詐欺被害のプロが大解説!

詐欺被害に特化した交渉力の強い法律事務所
詐欺被害に特化した交渉力の強い放置つ事務所
03-6276-2926
今すぐ無料相談

未公開株の詐欺にお困りなら詐欺被害緊急ホットライン

近年、「値上がり確実」「上場間近」と言い、未公開株の購入を勧める詐欺が横行しています。実際に業者と取引したものの、株券が送られてこない、名義書換に応じないなどのケースが多発。挙げ句の果てには、業者と連絡が取れない、発行会社に問合せたが「上場予定はありません」と言われ、被害者の多くが泣き寝入りしています。「お金を騙し取られてしまった」と後悔している方は、詐欺被害緊急ホットラインまでお問合せください。詐欺被害に強い弁護士が、あなたのお金を取り返します。

未公開株詐欺とは

未公開詐欺とは「発行会社から特別に譲り受けた」「あなたにだけ譲渡します」などの文言で、上場予定の会社の未公開株の購入を促す詐欺です。購入を決めたものの、「上場の予定が遅れている」など言い訳するばかりで、株券が送られてこないケースが続出しています。仲介業者が単独で行っていることもあれば、仲介会社と発行会社が裏で手を組んでいることもあります。未公開株は上場されなければ売買の成立は難しく、換金の方法もありません。少しでも不審に感じたら、断るようにしましょう。

こんな話は未公開株詐欺を疑おう

「あなただけに教える特別な情報です」

「選ばれた人だけが知っている情報です」「他の人には絶対に言わないでください」。これらは詐欺業者が使う常套句。絶対に騙されてはいけません。世の中、必ず儲かる話などありません。またそんなうまい話を、見ず知らずの他人があなたにだけ教えてくれることなど100%ありません。繰り返します。これらはあなたを騙し、他人に秘密を明かさせないための常套句です。この言葉が出てきた時点で、「詐欺だ!」と確信してください。

「私は金融庁(また公的機関)の者です」

金融庁や証券取引等監視委員会などの人間が投資の勧誘をすることはありません。またこれらの機関が第三者に取引の勧誘等を委託することもありません。聞き覚えのある名前が出てくると安心しがちですが、それは真っ赤なウソです。また証券会社を名乗る業者もいますが、未公開株の取り扱いは金融商品取引業の登録を受けている業者にしかできません。ホームページ上で登録の有無を確認できますので、まずリサーチしましょう。

複数の人間から「A社の未公開株を購入しませんか」

「A社の未公開株を購入しませんか?」。突然来た電話。不審に思い、即座に切る。数日後、別の業者から「A社の未公開株を所持していないか」と連絡が。断ったと言うと、それはもったいない! と強く訴えられる。気づくとA社の未公開株が惜しくなり、先日の業者に連絡してしまう。これが今急増中の劇場型詐欺です。詐欺は多くの人間が関わっていることもあります。複数の業者から電話がかかってきても、断り続けましょう。
03-6276-2926
今すぐ無料相談
03-6276-2926
今すぐ無料相談

© 詐欺被害緊急ホットライン All Rights Reserved.