システムトレード詐欺の対処法を確認して早めの相談・返金手続きを

システムトレード詐欺の対処法を確認して早めの相談・返金手続きを

システムトレード詐欺への対処法は、事例や手口から詐欺の見分け方を知っておくことと、早めに相談をすることです。 万が一被害に遭ったとしても、システムトレード詐欺の被害金額を返金してもらうための方法は存在します。 相談窓口を上手に活用しながら、後々の対処法を早めに考えるようにしましょう。

システムトレード詐欺とは

システムトレード詐欺とは、FX自動売買ツールを販売する詐欺のことを言います。 ウェブサイトやSNSで宣伝している事例が多く、偽の売買履歴を見せ、「必ず利益が出る」という宣伝文句で購入させようとする手口です。 多額の現金を手に入れたような派手な写真が掲載されている手口もあり、本当に良いツールの見分け方を知ることが対処法として欠かせません。

システムトレード詐欺の手口と事例

システムトレード詐欺の見分け方の参考として、一般的な手口と実際の事例をご紹介します。

システムトレード詐欺の一般的な手口について

システムトレード詐欺では、「必ず儲かる」「1年運用で◯億円」などの誇大広告を掲載し、高額な金額でFX自動売買ツールを購入させるという手口が一般的です。 実際にツールを使ってみると、全く利益が上がらず、ツール購入金額以上の出費を重ねてしまう事例もあります。

事例1:モニター応募からシステムの購入を勧誘された事例

FX自動売買ツールのモニターに応募したら当選したと連絡があり、多額のシステム料金を支払わされたAさんの事例です。 Aさんは当選したという電話連絡の際に、システムのメンテンナンス料金として約35万円、さらに上のランクのシステムが使える権利として約60万円をクレジットカードで支払ってしまいました。 その後冷静になり、キャンセル希望のメールを送りましたが、返信はまだない状態です。 弁護士事務所に詐欺の手口を相談したところ「支払停止抗弁手続き」が使えるとの対処法を教わり、カード会社と交渉をした後、支払いは免れたそうです。

事例2:ツールを使用したことで大きな損失へとつながった事例

FX自動売買ツールを購入したところ、ツールを用いた取引で、数日間で約100円の損失へとつながったBさんの事例です。 Bさんは月額5万円で、「過去5年で勝率95%」と謳っているFX自動売買ツールを購入しました。 しかし、購入してから数日間で30万円以上、さらに数日間で約60万円の損失を出してしまったそうです。 不安になって専門家の事務所に相談したところ、「消費者契約法の不実告知」で返金してもらえる可能性があると対処法のアドバイスを受け、無事に支払った金額が返金されたそうです。

システムトレード詐欺は返金してもらえるのか

システムトレード詐欺に遭った場合の返金方法は、全部で3つ考えられます。

カード会社のサービスを利用した返金

クレジットカードで支払いを行っていた場合、「チャージバック」か「支払停止抗弁手続き」のどちらかの対処法で返金される可能性があります。 どちらのサービスも契約に問題があり、利用者が支払いを拒否した場合に適用でき、カード会社による決済取消が行われれば返金されます。 ただし、必ず返金されるというわけではなく、カード会社の規定による返金です。

「振り込め詐欺救済法」による返金

「振り込め詐欺救済法」は、詐欺加害者の金融機関口座を凍結し、残高を被害者全員で分配することで返金を行うと定めた法律です。 振り込め詐欺以外でも、金融機関で支払ったシステムトレード詐欺の事例にも適用されます。 こちらの対処法も確実に返金されるわけではありませんし、加害者の口座に残高がなかった場合は返金されません。

少額訴訟による返金

最も確実な対処法は、訴訟によって返金してもらうことです。 システムトレード詐欺の被害金額が60万円以下の事例であれば少額訴訟を、60万円を超える場合は訴訟を起こします。 たとえ少額訴訟であっても一人で行うことは難しいので、法律の専門家に相談してから起こしましょう。

システムトレード詐欺はどこに相談すればいい?

システムトレード詐欺被害に関する対処法や、返金の相談ができる窓口をご紹介します。

消費者ホットライン

全国の消費生活相談窓口につながる窓口です。 さまざまな消費生活の案件に対応しているので専門性はありませんが、どのような事例でも受け付けてもらえます。 消費者ホットライン 電話番号 (局番なし)188 受付時間 相談窓口による 休業日 年末年始・国民生活センター建物点検日

適格消費者団体

適格消費者団体は、消費者の代わりに訴訟を起こし、「差止請求」と「被害回復」を行ってくれる団体です。 全国に21の適格消費者団体が存在しています。 相談すると対処法のアドバイスを受けられるだけでなく、「差止請求」によってシステムトレード詐欺の行為を停止させるように働きかけ、被害者の代わりに「被害回復」によって金銭的被害の回復を要求してもらえます。

金融サービス利用者相談室

金融商品トラブルに関する対処法を相談できる窓口で、投資商品も対象となっています。 ただし、詐欺事例への対処法や返金方法の相談のみで、訴訟に関するサポートはしていません。 金融サービス利用者相談室 電話番号 0570-016811 03-5251-6811(一部IP電話からの発信) 受付時間 10:00~17:00 休業日 土・日・祝日

詐欺被害の専門家

行政書士事務所や弁護士事務所に対処法を相談すれば、引き続き訴訟までサポートを受けられて便利です。 しかし、普段あまり身近にない行政書士や弁護士に突然相談するのはハードルが高いと感じる方もおられるでしょう。 当無料相談窓口は、行政書士事務所・弁護士事務所・税理士事務所等の協力のもと的確な解決方法を提示しております。65日、24時間・何度でも相談無料・全国対応(無料)ですので、 欺被害を解決するには、詐欺被害の専門家にお任せください。

システムトレード詐欺の見分け方

システムトレード詐欺の事例や手口を確認したところで、詐欺の見分け方について3つのポイントから解説します。

「100%儲かる」「絶対に勝てる」と言い切る

システムトレード詐欺の見分け方として最もわかりやすいのは、「100%」「絶対に」「必ず」などの確証性を高める言葉を使う手口です。 FXは投資ですから、100%必ず利益が出るわけではありません。 詐欺の手口の基本であり、実際の被害報告にも多い事例なので、詐欺の見分け方として覚えておいてください。

バックテストの成績しか公開していない

バックテストで継続的に利益が出続けているという宣伝も、詐欺の手口の一つであり、見分け方として利用できます。 バックテストは過去の相場を使ったテストなので、たとえ成績が良くても、今の時点で利益が出るかはわかりません。

フォワードテストの成績が良すぎる

フォワードテストはリアルタイムの成績ですが、見分け方として、あまりに利益が出すぎている事例には注意してください。 成績の良い部分だけをつなぎ合わせる加工をして、成績を偽造している手口の可能性があります。 あまりにも成績が良すぎることも、詐欺の見分け方として覚えておきましょう。

システムトレード詐欺の予防方法

システムトレード詐欺の一番の予防方法は、実際の手口や事例を調べて詐欺の見分け方を学ぶことと、高額なツールは購入しないことです。 FX自動売買ツールの中には、実際に利益が出るものもありますが、健全なツールであれば1~5万円程度が相場となっています。 詐欺の見分け方として、10万円を超えるツールやシステムを販売している場合は疑ってください。

 

 

システムトレード詐欺の対処法は早めの相談

システムトレード詐欺の被害に遭ったら、然るべき窓口に早めに相談することが大切です。 システムトレード詐欺の返金方法として確実な対処法は、やはり訴訟ですが、少額でも訴訟を起こすには専門家のサポートが必要でしょう。 事例や手口を知って詐欺の見分け方を知ることも予防法として欠かせませんが、すでに被害に遭っている場合は、法律のプロに相談してください。 ト当無料相談窓口は、何回でも無料で電話相談に対応いたします。 お電話やメールだけでなく、ラインでも相談を受け付けていますので、是非ご利用ください。

「詐欺かな?」と思ったらチェックして下さい!

LINEで相談!

関連記事

ブログカテゴリ一覧

ブログカテゴリ一覧

みなさまに選ばれる5つの理由
まずはひとりで抱え込まず、無料相談をご利用ください。
まずはひとりで抱え込まず、無料相談をご利用ください。
よくある質問
今すぐ無料相談
03-6276-2926
今すぐ無料相談
03-6276-2926
今すぐ無料相談

© 詐欺被害緊急ホットライン All Rights Reserved.