取引所詐欺の実態を解説。対処法や手口、実際の事例もチェック

取引所詐欺の実態を解説。対処法や手口、実際の事例もチェック

仮想通貨の取引をする際になくてはならないのが、取引所です。しかし、その取引所の中には安全といえないものがあるだけでなく、初めから詐欺目的で運営されているものもあるので、十分に注意しておかなければなりません。 また、実績のある取引所でもサイバー攻撃を受け、預けていたお金が失われてしまうようなケースもあります。気をつけたい取引所詐欺の実態や気になる手口、トラブルに巻き込まれてしまった場合にはどのようなところに相談すれば良いのかについてご紹介します。

取引所詐欺とは

仮想通貨の投資を行っている方なら、すでに取引所とやりとりをしたことがあることでしょう。しかし、取引する上で本当に安全かどうかを確認することが重要です。 取引所詐欺といってもさまざまなものがありますが、代表的なのは次の2つとなります。

取引所詐欺の手口

詐欺目的で作られた取引所

取引所詐欺の中でも代表的なのが、フィッシング詐欺です。信頼性の高い取引所とそっくりな偽のサイトを作り、そこにアクセスした人がパスワードやアカウント情報を入力することにより情報が盗まれ、正規のサイトに不正ログインされてしまう手口となります。 これにより、預けていた資産が奪われてしまうのです。「大手の取引所を使っているから大丈夫」と安心しきっているとフィッシング詐欺の被害に遭ってしまうことがあります。

サイバー被害によるもの

特に有名なものとしては「マウントゴックス事件」があります。これは、世界のビットコイン取引量の7割を占めていた大手の取引所マウントゴックスがサイバー攻撃を受け、ハッキング被害に遭ってしまった事件です。 これにより顧客が預けていた資金が消失し、マウントゴックス社は事実上の経営破綻に追い込まれました。詐欺とは分類が異なりますが、仮想通貨の危険性を世に知らしめてしまった事件ともいえるでしょう。

取引所詐欺の事例

取引所詐欺の事例1

とある取引所に登録し、仮想通貨の投資を行っていた40代の男性。ある日、いつも通りログインしたところ資産がなくなっているのを確認しました。その前にログインした際に誤ってフィッシングサイトにアクセスしてしまい、情報を抜き取られてしまったためです。

取引所詐欺の事例2

かなり大手の取引所に登録して仮想通貨取引を行っていた30代の女性。ところが、利用していた取引所がハッカー攻撃の被害に遭ってしまい、その結果、取引所に預けていた資産の大部分を失ってしまいました。

取引所詐欺の解決法

万が一フィッシングサイトの被害に遭った場合、フィッシングサイトにログインしてからほんの数分程度で気づいたのなら、本家のサイトにアクセスしてパスワードを変更することで対策が取れるケースもあります。 しかし、機械などで自動的にハッキングされてしまうケースでは、ほとんど猶予がありません。 取引所詐欺の被害に遭ってしまった場合は専門家である行政書士などに相談し、早期に対策をとることが重要な対処法です。 ハッカー攻撃を受ける被害に遭った取引所の場合は、返金など誠実な対応をしてもらえる可能性もありますが、被害者が多い場合は返金手続きにも時間がかかりますし、複雑になることもあります。 こういったケースも行政書士などの専門家なら今何をすべきかを適切にアドバイス可能なので、トラブルに巻き込まれてしまったという方は一度当無料相談窓口にご相談ください。

取引所詐欺は返金してもらえるのか

結論からいうと、取引所詐欺に遭った場合の全額の返金は難しいです。 先述した例だと、フィッシングサイトに引っかかってしまったケースでは、サイトの運営者はある程度資金を集めたらそのサイトを閉鎖して新たな偽サイトを作るので、追いかけるのが難しくなります。 また、サイバー攻撃を受けて利用していた取引所が大きな被害をこうむってしまった場合は、運営元が経営破綻に陥ることがあり、返金を受けるのは困難になるからです。

取引所詐欺はどこに相談すればいい?

相談先として挙げられるのは次のようなものです。

国民生活センター

国民生活センターとは、消費生活全般に関する問い合わせを受け付けているサービスです。相談員に直接相談が可能となっています。 ただし、取引所詐欺に関しては専門的な知識が必要ということもありその場ですぐ解決というケースは少なく、弁護士や司法書士といった専門家を紹介されることが多いです。

警察

取引所詐欺の証拠を手にしているのなら、警察に相談するのも効果的な対処法です。ただ、インターネット上で被害に遭い、加害者がどこの誰かわからなかったり、そもそも詐欺であることが証明できなかったりする場合は警察もなかなか動けません。

詐欺被害の専門家

取引所詐欺の被害にあったら、詐欺の対処の専門家に相談するのもおすすめです。民事不介入である警察とは異なり返金交渉もできますし、対処法に関して具体的な相談ができます。 当無料相談窓口では今まで詐欺被害を解決してきたノウハウをもとに様々な解決策をご用意しているので、一度ご連絡ください。

取引所詐欺の見分け方

怪しいサイトの見分け方についてご紹介します。

セキュリティ状態をチェックする

取引所はお金を取り扱う所ということもあり、まともなサイトなら必ずセキュリティに力を入れています。SSL認証を導入していないサイトは利用を控えたほうが良いでしょう。 実際に取引所詐欺目的で作られるサイトはSSL認証が導入されていないことが多いので、詐欺サイトの見分け方として効果的です。他にも2段階認証などセキュリティに力を入れている取引所のほうが安心して利用できます。

英語で検索してみる

その取引所が信用できるかどうか調べる際には、どうしても日本語で検索しがちです。ですが、英語で調べると日本語で検索してきた時には出てこなかったような不安な情報が出てくることもあります。 英語がわからなくても翻訳機能や翻訳サイトを利用すれば理解できるはずなので、安全なサイトかどうかを見分ける際の方法として試してみましょう。

取引所詐欺の予防方法

被害に遭わないためにも、具体的な予防方法についておさえておきましょう。次のような方法があります。

アクセスするURLに注意

URL情報をしっかり確認することにより、フィッシングによる取引所詐欺のリスクを抑えることができます。特に、検索などから取引所名を入力してアクセスすると、本家に似せて作られているフィッシングサイトに気づけない可能性があるので気をつけなければなりません。 検索からアクセスする場合は必ずSSL認証のページであるか確認し、セキュリティレベルのチェックやURLの確認が必要です。公式サイトをブックマークしておくのが特に有効な対処法だといえるでしょう。

セキュリティに関する取り組みをチェック

サイバー攻撃が原因で資産を失ってしまうようなケースは、なかなか防ぎようがないのが実情です。ですが、利用する取引所がセキュリティに対してどのような対策を取っているのかを調べておくことは出来ます。 全く対策が取られていないようなところや、過去に何度もサイバー攻撃の被害に遭っている取引所は避けておいたほうが無難です。

 

 

慎重に取引先を決めることが大切

仮想通貨の投資をしようと考えた際に、そのコインは安全かどうか?という点については慎重に調べる方が多いのですが、取引所が安全かどうかの確認が甘くなってしまう方がいます。 インターネットの情報をもとに調べて評価が良いからといって、100%その情報が信用できるわけではありません。必ず複数の情報を比較し、本当に信頼できるかどうか確信をもってから登録するようにしましょう。 万が一被害に遭ってしまった場合には専門家に相談することが大切です。当無料相談窓口ではこれまでに多くの詐欺に関する事例があるので、最適な解決方法を無料で提案いたします。

「詐欺かな?」と思ったらチェックして下さい!

LINEで相談!

関連記事

ブログカテゴリ一覧

ブログカテゴリ一覧

みなさまに選ばれる5つの理由
まずはひとりで抱え込まず、無料相談をご利用ください。
まずはひとりで抱え込まず、無料相談をご利用ください。
よくある質問
今すぐ無料相談
03-6276-2926
今すぐ無料相談
03-6276-2926
今すぐ無料相談

© 詐欺被害緊急ホットライン All Rights Reserved.