よくある質問の一覧を作成しました。ご相談の前に、ぜひご一読ください。

詐欺被害に特化した交渉力の強い法律事務所
詐欺被害に特化した交渉力の強い放置つ事務所
03-6276-2926
今すぐ無料相談

よくある質問を集めました

お客様からよくある質問の一覧です。詐欺被害緊急ホットラインは、いかなる詐欺も許しません。詐欺被害について、ご相談いただくことが多い内容を以下にまとめました。また、疑問に感じることがございましたら、今すぐご連絡ください。専門の担当員が親身になってお答えいたします。

家族や職場、友人等に知られたくないのですが……

相談者のなかには身内に相談したことを知られたくないという方が大勢いらっしゃいます。詐欺被害緊急ホットラインでは、お客様の個人情報を厳重に管理しています。お客様の許可なく、第三者に個人情報を公開することは絶対にありませんので、ご安心くださいませ。現在まで、個人情報に関するトラブルは1度も発生していません。

数年前の詐欺事件ですが、返金は可能ですか?

10年以内に起きた詐欺事件でしたら、返金は可能です。現状を正しく整理し、対応策を考える上でも、一度お電話かメールにてお問合せください。

探偵、行政書士、司法書士、弁護士。誰に依頼すればいいか分かりません。

・探偵について
探偵の業務としてできることは調査・報告です。
相手方を特定できる可能性はありますが、そこまでが業務の範囲内になります。
場合によっては「相手方を追求できませんでした、特定できませんでした」という結果となることもリスクとして考えておくべきでしょう。

・行政書士について
行政書士は書面を作成することが主な業務です。
相手方に対し、事実証明に関する書類、権利義務に関する書類などを作成することができます。
費用面については、弁護士や司法書士と比べて抑えることができることが多いという特徴があります。

・司法書士について
司法書士は140万円までは弁護士と同様に返金交渉を行うことができます。
反面、被害額が140万円を超えるケースについては制限があり、交渉を行うことができません。

・弁護士について
金額に制限なく、代理で相手方と返金交渉を行うことができます。
相手方との交渉が必要な場合は、弁護士に窓口となってもらって対応を進めていくことができます。

詐欺被害にあってしまった場合、どうすればいいのでしょうか?

まずは慌てずに、詐欺被害緊急ホットラインまでご連絡ください。メールまたは電話にてご相談を承ります。まずは被害状況を整理し、相手が詐欺業者だった場合は、その場で解決案をご提示いたします。詐欺被害者の多くが、詐欺にあったことを誰にも言えず、1人で悩みを抱え込んでしまっています。1人では詐欺問題は絶対に解決できません。まずは専門の担当員に相談しましょう。

依頼したら、本当に解決できるのでしょうか?

詐欺被害緊急ホットラインは、詐欺被害に特化した専門窓口です。日々新たな詐欺被害の相談を受け付け、親身に対応をさせていただいております。ほかの相談窓口で解決に繋がらなかった問題も、解決に繋がった事例が数多くあります。まずは無料相談にてお悩みの点やご不明な点をお話ください。詐欺被害に強い相談窓口だからこそできるアドバイスをお伝えします。
03-6276-2926
今すぐ無料相談
03-6276-2926
今すぐ無料相談